【新卒・中途募集中!】施工管理(建設・土木)部門

「現場監督」と呼ばれる工事現場のマネージャーです。
工事に必要な資材や機械、人員の手配・調達、工事スケジュールの進捗管理、現場の安全管理、品質管理をします。工事に関わる様々な人とコミュニケーションを取り、チームで進める仕事です。

コミュニケーション力や、問題解決能力などを含めた高いオーガナイズ能力が身に付く職種です。

施工管理技士の1日の仕事

●8:00 朝礼 KY(危険予知)活動
ラジオ体操で体を十分にほぐし仕事のウォーミングアップ。
当日の作業内容を確認し、気をつけるべきポイントや連絡共有をします。

●8:30 現場巡回
作業の取り掛かり時は災害の発生率が高いため、現場を巡回し危険箇所の確認をします。
できるだけ多くの職人さんに声をかけます。体調確認はもちろん、職人さんとの信頼を築くため会話を大事にしています。

●9:00 現場管理
現場での測量、施工状況の確認、工程ごとの写真記録撮影など、設計図通りに工事が進んでいるかの確認をします。

●12:00 昼食

●13:00 工事打ち合わせ
協力業者さんと作業の調整や建設機械の配置などの調整をします。

●14:00 現場管理
現場での測量、施工状況の確認、工程ごとの写真記録撮影など、設計図通りに工事が進んでいるかの確認をします。

●16:45 清掃
現場の清掃と巡回をします。整頓された現場は事故の防止につながるため、大事な作業です。
片付けの状況を確認し、現場の施錠をします。

●17:30 書類整理
記録写真の整理、測量データの取りまとめなどの作業をおこないます。
後日、発注者に確認していただくためミスのないようチェックをします。
仕事は溜めないよう心がけています。

総務部門

工事現場を支える裏方。
経理業務、車輌管理、社会保険業務や申請書類作成事務、採用活動、広報活動、社内行事のとりまとめなど、工事部門をサポートしつつ、会社内外の業務に携わります。
事務業務は非常に幅広く、かつ専門性が問われる業務もあるため、各分野の専門性が高い社員が活躍しています。

総務部門の主な仕事内容

●来客対応・電話メール対応
会社にくる様々な方の来客対応を初め、メールや電話等の対応もします。

●事務作業
備品の補充など、社内や各現場の業務を円滑に行うための仕事です。

●経理業務
伝票作成、帳簿転記、請求書作成などの経理業務です。
設業界では経理の役割を担う比率が高く、業界ならではの項目もあります。
「建設業経理事務士」の資格取得を目指していただきます。

●安全・環境業務
社内の職場環境の改善を初め、ISOの取得やイクボス宣言などの安全・社内環境指針取得のための業務です。
社員に活躍していただくための基礎づくりを行います。

●採用業務
即戦力となる中途や、将来会社の担い手となる新卒と出会い、入社いただくため、
説明会への出展や各学校への営業を行います。

●社内研修・行事業務
社内で実施される研修の手配や、健康診断、年中行事を初めとした社内行事の取りまとめ、補佐を行います。

●広報業務
当社のブランド力を向上するため、広報業務にも力を入れています。
HPの制作・更新業務やSNSなどの運用を初め、名刺、封筒、チラシやポスターなどのデザインを手がけます。

●企画業務
新規事業の立ち上げ・調査検討業務を初め、大学や商工会議所等との連携企画をとりまとめています。