橋本グループSDGsプロジェクト-滋賀大生によるSDGsの取組の紹介3

【橋本グループSDGsプロジェクト第一弾】
橋本グループのSDGs宣言にむけ、SDGsに関する取組を発信するプロジェクト。
第一弾は、滋賀大生と連携し、弊社の取組をSDGsの視点から発信していただきます。

———————————-

滋賀大学インターンのすずかです✨

橋本グループでは、地域貢献活動も積極的に行っています。

まず、地域環境美化のため月一回会社前の道路清掃を行っています。「びわ湖の日」には、湖岸清掃も行っています✨
積雪時には、オオミ建設が所有しているブルドーザーで市内の除雪作業をしています!

さらに、地域の幼稚園・保育園等を対象として、普段入ることのできない建設作業現場で、工事で使う機械設備や重機車の試乗体験を通し、「見て、さわって、乗って」建設業を体感することで建設業の重要性を伝える取り組みをしています。

これらの取り組みは、SDGsにも関連しています!

✍️SDGsとは、2015年に国連サミットで採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

関連しているSDGsの17のゴールは、

・目標4 「質の高い教育をみんなに」
・目標11「住み続けられるまちづくりを」
・目標15「陸の豊かさも守ろう」

地域に貢献出来る素晴らしい活動を続けていただきたいと思います☺️⭐️